トラウマからくる吃音は心療内科で治る|心癒す丁寧なカウンセリング

女性

ストレスを緩和させる

うつ

浦和の心療内科では、精神的な症状の元であるストレスを低減させてくれます。PTSDや強迫症、うつ病などの症状は全てトラウマが引き金となります。心療内科のカウンセリングを受けることで、このストレスを改善する方法を把握できるようになるでしょう。

発音がしづらくなる病

カウンセリング

言葉を発する場合に最初の一言がなかなかいい出せない人や、何度も同じ一音を繰り返してしまい、なめらかな発音ができないという人は、吃音症と呼ばれる症状に陥っている可能性があります。吃音症とは、幼児期に受けたトラウマが元で発症するとされています。トラウマに基づく不安感から、無意識的に言葉を発することをためらうため、なめらかな発音を阻害してしまうのです。幼児期によく見られる吃音は、正しい発音を覚えさせることで改善するとされています。大人の吃音症を改善させる場合、心療内科などで過去のトラウマを改善させる必要があるでしょう。子供の場合教育の問題により、正しい発音が身についていない場合がほとんどですが、大人の吃音症は過去のトラウマが原因であることが多いのです。心療内科は浦和や東京など多くの地域に存在するので、職場や学校、プライベードで吃音症に悩まされている人は診察を受けてみましょう。

多くの心療内科では、カウンセリングによって症状の改善を行ないます。カウンセリングと聞けば、多くの人はカウンセラーの人に悩みを話すだけのものと考えますが、実際には治療のために多くのメリットが得られるのです。悩みを打ち明けることでストレスを緩和すると同時に、患者さんの話から抱えている症状なども推察することができるのです。カウンセリングによって、精神病の元であるストレスを緩和させる方法を自分で気づくことができるほか、ストレスを与えるトラウマを見つけ出し、適切な治療を受けることができます。認知行動療法と呼ばれる方法によって、自分自身の意思で症状を改善させることができるので、多くの人が抱える症状を改善させることができるのです。

相談相手を決められる

相談

大阪の心療内科では、カウンセリングの前に希望を入れることで、カウンセラーを選ぶことができます。男性のカウンセラーへ相談したい人や、女性のカウンセラーにしか相談できないという人にも利用ができるので、異性のカウンセラーに悩みを話せないという人でも利用ができるのです。

認知行動療法による治療

看護師

東京の心療内科では、精神科のように治療薬を用いての治療は行ないません。認知行動療法による治療法を行なうことで、自分の意思で症状を改善させられるでしょう。カウンセラーの人が常に支えてくれるため、トラウマをきちんと直視しながら治療が行なえるのです。