トラウマからくる吃音は心療内科で治る|心癒す丁寧なカウンセリング

女性

認知行動療法による治療

看護師

精神科と心療内科の違いを説明するとなると、多くの人は答えに詰まってしまうことでしょう。よく混同されがちなこれらの医療機関には明確な違いがあります。利用者側にとって最もわかりやすい違いといえば、精神薬を処方するかどうかの違いでしょう。精神科は治療の際に症状を悪化させないために、向精神薬などを処方する場合があります。これらの薬は一時的に精神からくる症状を改善させられますが、根本的な治療を行なうことはできないので、薬のみで完治させることはできません。精神からくる病の治療は多くの場合、症状を改善させたいとする本人の強い意志が必要となります。精神薬の処方は、重い精神病への対処として使われるものであるため、精神からもたらされる症状によって健全な社会生活が営めないと判断された場合、処方されるのです。心身に不調が見られるなど、比較的軽度の症状で合った場合は、東京などにある心療内科に行くとよいでしょう。東京の心療内科では、精神病の治療を行なう人よりも、自分が精神からくる症状を抱えているかどうかを調べるために来院する人が多いものです。病院にある精神科へ受診するのをどうしても避けたいとする人であれば、東京などの心療内科で気楽に受診することができるのです。

東京などにある心療内科では、治療のために認知行動療法などの治療を行ないます。認知行動療法とは、自分で心に負っている症状を把握し、行動に基づく効果的な治療を行なうものです。うつ病や強迫症などの症状は、必ず過去の何らかの経験が症状の原因となっているものです。自分の症状を客観視し、過去のトラウマを冷静に見つめて克服する行動を起こすことによって、症状を改善させることができるでしょう。ただし、こうした治療法は過去のトラウマを直視することとなるので、心に多くの負担が掛けられるでしょう。自力で行なおうとすると、精神に掛かる負担に耐え切れず、途中で放棄してしまう場合があります。東京の心療内科では、綿密な改善までのカリキュラムを組んでくれるので、負担を最小限に抑えながら治療を受けることができます。少しずつ症状を克服させることができるので、途中で挫折せず前向きに治療に取り組むことができるでしょう。カウンセラーの人が常に支えてくれるので、めげずにやり遂げることができるでしょう。